FIRAマッスルサプリHMBとプロテインって一体ナニが違うの?

筋肉増強のための栄養補助食品としては「プロテイン」が有名です。

多くの人が使って実際に効果を実感しているので、人気もあるし、おすすめしている人も本当に多いですよね。

最近人気の「FIRAマッスルサプリHMB」も筋肉をつけるというところでは一緒なので、どっちも同じじゃないの?と思っている人もいるようですが、実は成分や使用感にも違いがあるので、どちらを選ぶかは目的や生活スタイル、好みに合わせて決める必要があります。

自分が思っているのとぜんぜん違う体型になったらイヤですからね。

【FIRAマッスルサプリHMB】もプロテインの一種だと思ってたけど違うんかい?

もう少し詳しく教えてくれよ。

 

では、プロテインとFIRAマッスルサプリHMBの特徴や違いについてわかりやすくお伝えしていきましょう。
博士

 

プロテインを簡単に説明すると

プロテイン 中身

プロテインは日本語にすると、「たんぱく質」という意味になります。

つまり、プロテインを摂るというのは、たんぱく質を摂るということになるんですね。

たんぱく質っていうのは、人の筋肉や臓器などを形成する上で必要となるとっても重要な栄養素。

たんぱく質を摂るとどうなるかっていうと、まず胃で消化されて、小腸で吸収されて、最終的にアミノ酸というものにまで分解されます。

アミノ酸にはたくさんの種類があるんですが、筋肉など、体づくりの材料となるアミノ酸は全部で20種類あります。

アスパラギン、アスパラギン酸、アラニン、アルギニン、イソロイシン、グリシン、グルタミン、グルタミン酸、シスチン、セリン、チロシン、トリプトファン、トレオニンシステイン、バリン、ヒスチジン、フエルアラニン、プロリン、メチオニン、リジン、ロイシン

分解されたアミノ酸は血液で体の必要なところに運ばれて、必要な場所で必要なアミノ酸同士が合わさり、たんぱく質へと再結合されることで体の色々な部分が作られます。

一回バラバラになって、また違うもの同士がくっついて新しいものを作るなんて、まるでレゴブロックみたいな感じですね。
レゴブロック

ということは、たんぱく質をたくさん摂ったからといって、そのアミノ酸すべてが筋肉へ変わるわけではないんですが、たんぱく質が少ないと、筋肉を作る材料がないのと一緒なので、アミノ酸が筋肉に使われる割合は低くなってしまいます。

体にたんぱく質を満たしておいて、トレーニングで筋肉に刺激を与えてやることで、アミノ酸が筋肉を形成する割合が高くなるんですね。

だから「プロテインでたんぱく質を補っておきましょう!」ということなんです。

たんぱく質っていうのは、普段の食事からも摂ることはできますが、必要なたんぱく質を摂取するために、多くの不必要なものまで摂取することになってしまいます。

たんぱく質だけを効率良く摂取できるっていうのがプロテインというわけです。

筋肉づくりにはたんぱく質が必要なんだな・・・

了解了解!まず俺は体を絞って細マッチョになりたいから、「タンパク質」を意識した食事が大事ってことだね。

そっか、ザキヤマ君は細マッチョになりたいのか。 それなら、FIRAマッスルサプリHMBの特徴も良く知っておくといいよ。
博士

FIRAマッスルサプリHMBを簡単に説明すると

FIRAマッスルサプリHMBの袋FIRAマッスルサプリHMBに含まれるのは、たんぱく質そのものではなく、BCAAというものです。

BCAAは、体づくりのために必要なアミノ酸20種類のうち、3種類のアミノ酸を抜き出したもので、20種類のアミノ酸は、体内で合成できる非必須アミノ酸と、体内で合成されないため食事から摂るしかない必須アミノ酸に分けられます。

アミノ酸を研究している学者が、必須アミノ酸の中からイソロイシン、バリン、ロイシンの3種類を取り出して試したら、筋肉の増強にすごい効果が出たということを発表したことで、一躍注目される存在になりました。

たんぱく質は体内で吸収されると、アミノ酸にまで分解されるので、プロテインもBCAAと同じ3種類のアミノ酸も含んでいることになりますが、たんぱく質として摂取するのと、BCAAとして摂取するのとでは、作用がちょっと違ってきます。

ふむふむ・・・

たんぱく質を摂るのが「プロテイン」で、3種類のアミノ酸に特化した成分が抜き出されたものが「FIRAマッスルサプリHMB」ってことなんだね。

特徴はわかったけど、それでどんな違いが出るのか知りたくなってきたぞ!

では、ここからはどんな違いがあるのかを解説していくとしよう。
博士

プロテインとFIRAマッスルサプリHMBとの違い

プロテインとFIRAマッスルサプリHMBは、アミノ酸をたんぱく質として摂るか、BCAAとして摂るかという違いがありますが、それによって体への作用も大きく違ってきます。

何も知らずに試していると、思うように成果が出なかったり、目標とする体型と違う体になってしまうこともあります。

2つの補助食品の違いを知り、自分の生活スタイルや、目指す体型などによって選ぶことが大切です。

血液中に吸収されるまでの時間

プロテインの場合、たんぱく質として摂取するので、胃で消化され、腸で吸収されて初めてアミノ酸に分解されます。

そのため、プロテインを飲んでから血液中に吸収されるまでには2時間くらいはかかります。

それに対し、FIRAマッスルサプリのBCAAは、すでにアミノ酸として摂取するので、消化、吸収の必要がなく、飲んで10分ほどで血液中に吸収されるんです!

ピンポイントで筋トレをするような人はFIRAマッスルサプリHMBの方が、トレーニング時間の設定をしやすいといえます。
腹筋トレーニング

ただ、BCAAは吸収も早いのですが、血液中のアミノ酸濃度が下がるのも早いので、長時間ガッツリトレーニングをしてボディメイクしていきたい人は、長い時間血液中のアミノ酸濃度を保つことができるプロテインの方が良いといえます。

カロリーと目指す体型の違い

プロテインはカロリーも高いので、しっかりとトレーニングをしていかないと太ってしまうこともあります。

しっかりと鍛え上げて、プロレスラーやボディビルダーのようなゴリマッチョと呼ばれる体型を目指す人に向いています。

筋肉男

FIRAマッスルサプリHMBは、血糖値の上昇を抑え、余計なカロリーをカットしてくれるといわれる「インディアンデーツ」や、脂肪を燃焼させる効果が期待できる「ヒハツエキス」なども入っているので、ガッツリ筋肉を付けるというよりは、ボクサーのような細マッチョと呼ばれる引き締まった体型を目指す人や、ダイエットしたい人に向いているサプリメントです。

ザキヤマ君の場合は細マッチョになりたいわけだから、FIRAマッスルサプリHMBを飲んだ方が良い結果を得られると思うよ!
博士

飲みやすさの違い

プロテインは牛乳などで溶かして飲むのが一般的です。

現在では色々な味が出ていますが、それでもプロテインの味や、飲み口が苦手という人はけっこう多いです。

筋肉は付けたいけど、プロテインを毎日飲むのが苦痛でストレスになってしまうんですね。

私も経験したことがありますが、そうなってしまうと飲むときに吐き気がしたりすることもあります。

体づくりのために、継続して飲み続けないといけないものなのに、それができなくなってしまう人がいるという事です。

その点ではFIRAマッスルサプリHMBは錠剤で特に味もしないので、普通に薬やサプリメントを飲むことのできる人なら苦手意識を持つことなく簡単に続けることができると思います。

飲み口という点ではFIRAマッスルサプリHMBの方が万人向きといえるでしょう。

上手に飲めよー
知らないと効果半減!?FIRAマッスルサプリHMBの正しい飲み方
FIRAマッスルサプリHMBはサプリメントですが、正しい飲み方ってあるのでしょうか? 同じサプリメントを飲んでも、飲み方や、飲むタイミングによって効果にも差が出てくるのです。
2018-06-22 07:09

外出時の持ち運びについて

旅行などで外出する時に持ち運びに苦労するのがプロテイン!

外出期間が長い場合は、粉末のプロテインと計量スプーンとシェイカーを持っていかないといけないし、飲む時に牛乳も用意しないといけません。

これが、なかなか大変なんですよね。

FIRAマッスルサプリHMBは錠剤なので、必要分の管理もしやすいし、水さえあればどこでも飲むことができます。外出の機会が多い人はFIRAマッスルサプリHMBの方が圧倒的に管理が楽だと思います。

価格について


プロテインにしろ、FIRAマッスルサプリHMBにしろ、きちんとした効果を得るためには、最低でも3ヶ月は飲み続ける必要があります。

そんなに簡単に人間の体を変えることはできません。

本当に体を変えるなら、1年は継続してほしいところです。

そうなると関係してくるのが、かかる費用!

プロテインの場合は、プロテイン代金の他に牛乳代もかかってきます。

だいたいプロテイン1ヶ月分(1㎏)で4,000円くらいと、牛乳1ヶ月分3,000円として、月に7,000円くらい。

FIRAマッスルサプリHMBは、公式サイトの超トク継続コースで申し込むと、1ヶ月分(120粒)が、ずっと半額の3,900円になりお得ですし、プロテインに比べるとかかる費用をかなり低く抑えられます。

プロテインとFIRAマッスルサプリHMBを併用して飲んでも大丈夫?

栄養補助食品はあくまでも食品なので、何と組み合わせて飲んでも問題ありません。

血液中に吸収される時間や、血液中のアミノ酸濃度を保っている時間がそれぞれ違うので、筋トレのタイミングによって飲み分けている人もいます。

ただ、プロテインはカロリーも多いので、アミノ酸をたくさん摂ったら、その分しっかりトレーニングをしないといけません。

しっかり鍛え上げて、全身バキバキのゴリマッチョを目指す方にはいいかもしれませんが、細マッチョに憧れてFIRAマッスルサプリHMBを飲んでいる人がプロテインと併用して飲んだらカロリーオーバーによる肥満を招き、理想とする体から遠のいてしまうこともあるので注意が必要です。

太ったお腹

基本的にはそれぞれの補助食品で十分だと思うので、目指す体によってどちらかに決めたら、あとはどのように筋肉に刺激を与えていったらいいのかを、考え実践していくことに集中しましょう。

まとめ

    • FIRAマッスルサプリHMBは血液中に吸収されるのが早く、プロテインは吸収までの時間が長い。
      短い時間のトレーニングをする人はFIRAマッスルサプリの方が管理しやすい。
      プロテインは長時間アミノ酸が体内に留まるので、長時間トレーニングする人向き。
    • FIRAマッスルサプリHMBは細マッチョ向き。プロテインはゴリマッチョ向き。
    • プロテインが飲みにくいと感じる人はFIRAマッスルサプリHMB。
    • 外出が多い人はFIRAマッスルサプリHMBの方が管理が楽。
    • 費用はFIRAマッスルサプリHMBの方が安く済む。
    • ゴリマッチョを目指すなら併用も可だが、細マッチョを目指す人はFIRAマッスルサプリだけ摂るのが理想的。

プロテインはたんぱく質、FIRAマッスルサプリHMBはBCAA!

それぞれ吸収時間や体内に留まる時間が違うんだな!目指す体型としては、プロテインはゴリマッチョ!

FIRAマッスルサプリHMBは細マッチョになりたい人に適しているっていうのがわかったぞ!

どちらも筋肉を付けるために効果がありそうだけど、細マッチョに憧れている俺としてはFIRAマッスルサプリHMBの方が目的に合ってそうだし、使いやすそうだな。費用も安く抑えられるのもいいね!

コメントを残す